トーナメントHelperとは

テニス等の大会の運営はとても大変です。
まず最初に運営側は大会の要項を作成し、ホームページに掲載します。
申込者は申込書をダウンロードし内容を記入してエントリー費と一緒に受付場所まで持っていきます。
受付側は、申込書をチェックし受領印を押しエントリー費を管理します。
申込受付が締め切られると、これからが大変です。ドロー会議用の資料を作成しなければなりません、申込書をExcel等に入力しドロー会議用の資料を作成します。
ドロー会議で決まった内容でドーローを作成するのですが、シード選手以外は配置が大変です同じ所属等を考慮し振分が必要です。
個人的な感情が出たりしないように気を付けて振分しますが、選手から苦情が出たりするのが実情です。
ドローがなんとか決定するとホームページに掲載しなければなりません、必ずシステムに精通している担当が行ったりします。
大会が始まるとオーダーオフプレイ/スコアーシートを印刷します。試合結果を入力し結果をホームページに掲載します。
このような作業を少しでも軽減する為にトーナメントHelperを作成しました。

主な機能

・申込をインターネットで行えます(募集数が決まっている場合、キャンセル待ちの受付をします)
・シングルス、ダブルス、団体(6名まで)可能
・エントリー費は銀行振込を基準にしています(持込/現金書留も可能)
・入金確認通知、キャンセル待ちの振替通知等は申込者にメールで通知します
  ※この通知メールは自動では行いません、全て操作が必要です
・申込の取消も可能、入金済みの場合返金処理も管理します
・申込データを取込んでドロー会議用の資料を作成できます
・個人がどの種目にエントリーしているか確認するリスト(個人別申込一覧)が印刷できます。
・シード順を入力すればドローを自動で作成します(詳細はドローの作成機能参照)
・完成したドローからオーダーオフプレイ/スコアーシートを印刷します
・試合結果をホームページにアップロードできます。(FTP機能を使用します)

ドローの作成機能

(1)シングルス/ダブルス/団体に対応(団体は6名まで対応)
(2)テニスのシードに対応
 ・シャッフル機能有り
  シャッフル機能とは、シード順位の、3位と4位、5位~8位、9位~16位 の位置が、固定ではなく抽選となる事を意味しています
 ・予選のシードも有り(予選はシャッフル機能無し)
(3)1/2回戦は同じ所属団体はできるだけ対戦しない用に振分します
(4)本線/予選に対応
 ・本線は128ドローまで
 ・予選はトーナメント/リーグで異なります(a×b a:1ブロックの数 b:ブロック数)
  トナメント:2×1~19 , 3×1~26 , 4×1~25 , 5×1~20 , 6×1~13
  リーグ  :3×1~26 , 4×1~25 , 5×1~20 , 6×1~13
(5)トーナメント/リーグに対応(リーグは予選のみ)
(6)JOP番号も入力可能(団体は除く)

トーナメントHelper会員登録

トーナメントHelperは最初の3ヶ月間お試し期間です、3ヶ月間有れば1大会の申込受付からドロー作成まで使用できると思います。 一度、ご使用いただいて納得してから御契約頂ければ幸いです。
お試し期間が過ぎても自動で契約になる事はありませんので御安心して頂ければと思います。
お試し期間が終了後に契約する場合、トーナメントHelper会員変更より契約期間を延長して下さい。
契約期間は3ヶ月/6ヶ月/1年間から選択できます。

トーナメントHelper会員登録はこちらから
トーナメントHelper会員変更はこちらから

トーナメントHelper

トーナメントHelperのログイン